ニュース

Twitter有料化はいつからで月額いくら?全部の機能に対して?ブルー機能の影響

Twitter有料化はいつからで月額いくら?全部の機能?ブルーの影響

Sponsored Link

アメリカテスラモーターのCEOイーロンマスク氏がツイッターを買収するというビッグニュースが流れてきました!

今回の買収の影響で、 Twitterが有料化するとの声があり大騒ぎになっています。

確かに今まで無料で利用できたTwitterが有料化となれば、利用者が黙っていないでしょう。

そこで今回は、 Twitterの有料化がいつからで月額いくらか?を調査しました。調査する中で、TwitterはTwitterブルーという機能が実装されている地域もありなんと既に有料化されていたことも判明。

それらの事実をもとに、Twitter有料化がいつからで月額いくらなのか?Twitterブルーの影響は受けるのか?色々調べてきましたよ!

 

Sponsored Link

 

Twitter有料化はいつから

ツイッター有料化がいつから?の答えの前に前提を確認していきましょう。

今回Twitterを買収することになったイーロンマスク氏は、かねてよりこんな発言をされています。

言論の自由の原則が守られていない

新しい機能を導入し、ツイッターをよく変えていく。

引用:NHKニュース

Twitter上の言論の自由を守るため?新しい機能を導入するのでしょうか。

Twitterではデマの拡散が度々問題になり、警告が与えられるなどの対策を行ってきました。

参考:Twitterのデマ防止について(公式サイトへ)

ただ、こうした警告や規制に対してイーロンマスク氏が言論の自由を守りたいということになります。

自由に発言できる間口を広げる代わりに、ツイッターを有料化して一定の民度に上げたいと考えても不思議ではないですね。

となると、Twitter有料化はいつから?の答えは、できるだけ早くになるでしょう。

 

 

Twitter有料化で月額いくら

Twitter有料化は月額でいくらになるでしょう。

正式には未発表ですが、最初はTwitterの有料化は月額300円程度になることが予想されます。

その理由に、のちに詳しく後述しますがTwitterブルーという機能の存在です。

2021年6月3日の発表現在「Twitter Blue」は、カナダとオーストラリアでのみ提供を開始しておりiOSが対象です。

Androidやデスクトップには提供がされていませんが、将来的にエリアの拡大とともにAndroidへの提供も予定していると述べられています。

なお、料金はエリアごとに異なっておりカナダ(3.49カナダドル/月)・オーストラリア(4.49オーストラリアドル/月)で、大体日本円にして300円前後の月額料金です。

引用:Insta Lab

 

ただ、Twitter有料化の月額化は利用者の数によっては値上げすることもあり得ますよね。

有料でも課金するユーザーがいれば、それ以上の価格を提示してもユーザーはいるはず。

と踏めばTwitterの有料化がさらに値上げする可能性も否定できません。

これまでタダで利用できていたTwitterが有料化でいくらかお金を払うことになると、実際には利用者は減りそうですけどね...

Twitter有料化は全部の機能に対してなのか

Twitter有料化は、全部の機能に対してなのかまだ未定ですが最初からそうではないと予想します。

なぜなら、既にTwitterの有料サービスであるTwitterブルーも有料機能は一部のみだからです。

参考:Twitterブルーについて(公式サイトへ)

Twitterの利用者が、さらに利用しやすくなるための機能とのことなので普通にツイートしたりリプライしたりなどの機能は無料で使えます。

ただ、イーロンマスクが大規模な改革を目指すならこの前提も180度覆る可能性も十分にあります。

Twitterブルーの機能の影響は

Twitter有料化は、ブルー機能の影響を受けるでしょう。

Twitterブルーの機能は一部の地域(カナダとオーストラリア)のみで展開されていて、日本ではまだ未実装です。

こちらはTwitterブルー公式のツイートですが、『カナダとオーストラリアで提供開始し、今年中には地域の拡大をする』と書いてあります。ですがこちらのツイート、2021年の6月に公表されたもの。既に2021年は終わっていますし、なんならもうすぐ1年が経過...

思ったほど利用者が増えなかったからなのか、開発が追いついていないからなのか不明ですが、その事実を考慮すると、

  • Twitterの有料化は、特に日本国内ではかなり後の方?
  • 勢いで一斉に有料化?
  • 有料化はやはり一部地域に限定にとどめる

あたりかなと予想します。

 

まとめ

Twitter有料化はいつからで月額いくら?全部の機能なのか、Twitterブルーの影響はどのぐらい受けるのか?についてまとめました。

金額も、全部の機能に対してなのか?という点でも心配するほどのことはなさそうです。

とはいえイーロンマスク氏がどのぐらいの改革を考えているか次第なので、完全に180度異なる可能性はあります。

今後の動きから目が離せません!

 

Sponsored Link

Sponsored Link

関連コンテンツ

-ニュース

© 2022 さらだぼうる Powered by AFFINGER5