ニュース

まさゆめは気持ち悪い?次の場所は東京のどこか予想

まさゆめは気持ち悪い?次の開催地は東京のどこ?

Sponsored Link

 東京渋谷の空に突如、大きな顔が出現したニュースがバズっていました。これは、「まさゆめ」というアートプロジェクトで、この2021年夏また東京のどこかで出現するとのこと。

まさゆめは気持ち悪い?次の開催地は東京のどこ?

引用:ぴあ

ネットの意見は、良い悪いの賛否両論ですがこれを見てどう感じますか?中には、ニュースを見てわざわざ見に出かけた人もいれば気持ち悪くて2度と見たくない!なんてネガティブな意見も・・・

今回は、このまさゆめに関する全体像をまとめ、気持ち悪いのか?について深堀していきます。

本日見逃した人は、また何回かチャンスがあるのでご安心を!まさゆめが次に出現する場所がどこか想像しながら是非最後まで読み進めてください。

まさゆめは気持ち悪い?概要と口コミまとめ

まさゆめが気持ち悪い・・・とネットで評判です。

アボちゃん
そもそもまさゆめって何?

誰が何の目的でやってるの?という疑問があるので「まさゆめ」とは何かわかるように

  • 誰が?
  • 何の目的で?

に焦点を当てて概要をまとめました。

概要

まさゆめは、東京都とそれに関連した法人が主催したアートプロジェクトの一つです。

《まさゆめ》は、年齢や性別、国籍を問わず世界中からひろく顔を募集し、選ばれた「実在する一人の顔」を2021年夏の東京の空に浮かべるプロジェクトです。

引用:まさゆめ公式

何とも不思議で新しいタイプの壮大なプロジェクトですよね。このまさゆめは、誰が何の目的でやっているのでしょうか?

誰が?

『まさゆめ』は、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が主催し、アーティスト荒神明香(こうじん はるか)、ディレクター南川憲二(みなみがわ けんじ)、インストーラー 増井宏文(ますい ひろふみ)を中心とする現代アートチーム、目 [me] が企画したもの。

引用:ぴあ

まさゆめは気持ち悪い?次の開催地は東京のどこ?

引用:ほぼ日刊ITOI新聞

登場人物が色々と出てきましたが、これらの関係をまとめると、東京都とその関連法人がアートチックな何かやろう!と決めて、実際には優秀なアーティストチームに手を動かしてもらうことを依頼したということですね。

何の目的で?

東京都とアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)が、オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の東京を文化面から盛り上げるため、「Tokyo Tokyo FESTIVAL」と称して様々な文化プログラムを展開しているプロジェクトの企画公募で採択されました。

用:haconiwa

本来は、東京オリンピック2020に合わせて開催される予定でしたが、一年遅れての開催となりました。満を辞しての開催となったということですね。

ではなぜ、アートチーム「目」は、この大きな顔を東京都心に浮かばせることにしたのでしょう?

荒神さん:中学生の時にみた夢の中の話なんですけれど、塾の帰り道の夕暮れ時に電車に乗っていたら、車窓から見える風景がパッと開けた瞬間、街の上空に人の顔がポンと浮いていたんですね。
一瞬しか見えなかったんですけれども、その夢を見た時に、こんなことができる街ってめっちゃすごいじゃん!これはやばい!と思って、ずっと覚えていたっていう。

南川さん:これを世界中の人に見せたいという思いが出てきて。ちょうど「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の企画公募があったんです。世界中から人々が集まるオリンピック・パラリンピックの時期にアート企画をということだったので、これだ!と。「この機会に出さなきゃ罪だ」くらい思って、公募に参加しました。

引用:haconiwa

そしてこのまさゆめの大きな顔に込められた意味は・・・

四年に一度の人類最大規模の集いの中で空に浮かぶ巨大な顔。その風景は、個であることと同時に公である我々の存在を見つめなおし、その不思議や実感をあらためて人類に問いかけます。
世界中が東京に注目する機会を、私たちはどのように迎えるのでしょうか。

引用:TokyoTokyoFestival

まさゆめの大きな顔は、ただ何となく空に浮かんでいるわけではなく、こんなにメッセージ性溢れる作品だったのです。

口コミまとめ

突然現れた大きな顔。そのサイズはビル6階〜7階分と発表されているので何と20メートル!先に挙げたようなメッセージ性やストーリーなど何も知らずに見た人は一体どんな反応なのでしょうか・・?

まさゆめの口コミは、気持ち悪いなどの厳しい意見ばかりでした・・・ポジティブな意見を呟く人は、関係者らしき人物か元々もアートチーム「目」が好きな人のようです。

やはり予想通りですが、何も知らない人が見たらやっぱり巨大な顔には驚きます・・・!

まさゆめの次の場所は東京のどこか予想

まさゆめプロジェクトは、今回限りではなくこの2021年夏何回か開催されます。その場所は東京のどこかで、日時や具体的な場所は明らかになっていません。

東京にも色々あるので、ちょっと予想してみたいと思います。

まずは、記念すべきまさゆめの第一回開催地となったのは東京の渋谷区にある代々木公園。

まさゆめは気持ち悪い?次の開催地は東京のどこ?

最寄り駅は山手線の原宿駅か、東京メトロ千代田線の明治神宮前です。やはり東京2020オリンピック競技場があるのでこの地がスタートとなったのでしょう。

ここから読み取れることは、東京の中でも象徴的な町である可能性は高いです。

今回まさゆめがスタートされた代々木公園以外の東京の象徴的な場所としては

  • 大手町(皇居周辺)
  • 東京タワー周辺(港区)
  • 浅草(台東区)
  • 東京スカイツリー(墨田区)
  • 国技館(墨田区)
  • 柴又帝釈天(葛飾区)
  • お台場(港区)
  • 豊洲市場(江東区)
  • 羽田空港(大田区)
  • 井の頭恩賜公園(武蔵野市)
  • 国営昭和記念公園(立川市・昭島市)
  • 高尾山(八王子)

あたりが候補地かと思います!今後何回まさゆめの大きな顔が浮かび上がるか不明ですが、この辺りの場所は押さえておけば間違いがなさそうです。

ニュース速報が出て、もし付近に行けそうなら見に行ってみてもいいですよね!

まとめ

まさゆめは気持ち悪い・・・という意見が多いものの、その開催背景やアーティストたちの思いを知ると深いですよね。

これを知った後と前では、見た時の感想が違うかと思います。

次に開催される場所は未だ不明ですが、東京の象徴的な町であることは間違いがなさそうです。ちょっと気にかけておいてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

Sponsored Link

-ニュース

© 2021 さらだぼうる Powered by AFFINGER5