ニュース

龍涎香はどんな香り?買い取り値段や香水ブランドは?

Sponsored Link

くじらのお腹からとあるお宝が発見されたと話題になっています。

その名も龍涎香(りゅうぜんこう)。別名はアンバーグリスと言い、価格は何と1.6億円・・・・!!!

龍涎香はどんな香裏?買い取り値段と香水ブランド

出典:香老舗 林龍昇堂

かなり珍しいもので、香料として使われているそうです。

今回の龍涎香は、中東・イエメンの漁師たちによって発見されました。

  • そもそも「りゅうぜんこう」とはなんぞや?!
  • なぜそんなに価値がある?!
  • もし自分が見つけたら・・・買い取りの値段ってどうやって算出する?!
  • 香水ブランドってどこ?

これらの疑問の答えをリサーチしてみました。

万が一にもあなたが発見者となったら・・・・!

と想像してワクワクしながら是非最後までご覧ください。

龍涎香の香り

それだけ価値のある龍涎香は一体どんな香りがするのでしょう?

そもそも龍涎香とは何なのか、過去に報道されたニュースなどを基にイメージを掴んでいきましょう。

龍涎香は、マッコウクジラの腸内に生成する珍しい物質で、香料として利用されている。

今回発見された重さ127キロの龍涎香は、アラブ首長国連邦(UAE)の実業家が150万ドル(約1億6500万円)以上の価格で買い取った

引用:AFP BBニュース

また、過去にもイギリスで発見されたかも・・・?といったニュースが流れています。

犬の散歩中に海岸で発見したものです。

フランスのディーラーからは620万円の価格を提示されていたそうですよ。

龍涎香はどんな香裏?買い取り値段と香水ブランド

出典:AFP BBニュース

龍涎香はマッコウクジラの腸内にできる結石で香水の原料として使われ、何世紀にもわたり珍重されてきた。

古いものは麝香(じゃこう)のような香りを発するが、新しいものは悪臭を放つ

引用:AFP BBニュース

龍涎香の芳香には、土や麝香(じゃこう)に似た香りや甘い匂いなど、さまざまな種類がある。

引用:ナショナルジオグラフィック

ちなみに麝香(じゃこう)とは、ムスクの名前でも知られています。

雄のジャコウジカの腹部にある香嚢(ジャコウ腺)から得られる分泌物を乾燥した香料、生薬の一種である。

引用:Wikipedia

ムスクの香りってなんとも言えないオリエンタルな雰囲気があって良い匂いですよね!

龍涎香のイメージがだんだん湧いてきましたでしょうか。

龍涎香の形状や成分

龍涎香の形状や、成分についてはこちらの老舗の香料店が解説してくれています。

龍涎香は、灰色、琥珀色、黒色などの様々な色をした大理石状の模様をしている。

龍涎香にはマッコウクジラの主な食料であるタコやイカの硬い顎板が含まれていることが多い。

そのため、龍涎香は消化できなかったエサを消化分秘物により結石化させて排泄したものと考えられている

引用:香老舗 林龍昇堂

謎に包まれていた龍涎香とは、ここまでの情報をまとめると

  1. マッコウクジラの腸内で形成される
  2. とても希少価値が高い
  3. 主要成分はマッコウクジラが食べたタコやイカの一部
  4. 古いものは麝香(じゃこう)・ムスクのような香り
  5. 新しいものは異臭を放つ

ということがわかりました。

次からは、気になる高額な買い取り値段についてです。

龍涎香の買い取り値段

龍涎香はどうして高額な買い取り値段が付くのでしょうか。

それは、1986年以降に、商業捕鯨が制限されたため以前のように手軽に入手ができなくなってしまったからなんです。

2012年にはこんなニュースも報道されました。

イギリス南西部ドーセット州の海岸を父親と散歩していたネイスミス君(8歳)は、風変わりな石にふと目が留まった。早速自宅に持ち帰りインターネットで調べてみると、貴重な龍涎香とわかったという。重さは600グラムで、4万ポンド(約500万円)ほどの値が付くと見られている。

高級香水に利用できる品質だと、30グラムで数十万円の値が付くこともある。

龍涎香は香水の原材料として広く用いられており、高級ブランドが香りを持続させる保留剤として利用する場合が多い

 

引用:ナショナルジオグラフィック

この龍涎香の買い取り値段から逆算すると、

1グラム=8,300円!

しかし他のニュースでは、1グラム=3,300円ぐらいの買い取り値段で取引された事例もあります。

  • 発見された時の状態
  • どれぐらい年月が経っているか

などの要素に左右されるので、買い取り値段の相場はあってないようなものなんでしょう。

当然ですが状態が良いものであればあるほど買い取り値段も高くなるということ。

アボちゃん
希少価値が高いことには間違いがないから、ベースの買い取り値段が高いですよね!

龍涎香の香水ブランド

龍涎香が使われている香水ブランドの有名どころでは、

シャネル N°5(しゃねるのごばん)

龍涎香はどんな香裏?買い取り値段と香水ブランド

出典:シャネル公式HP

です。

CHANEL
¥14,850 (2021/10/25 04:21:34時点 Amazon調べ-詳細)

シャネルのN°5で有名なエピソードがあります。

「何を着て寝ますか?」という質問に対して、「シャネルの5番よ」と答えた

何ともお洒落な返しですね。ちなみに現在の価格は、

  • 50ml 14,300円(税込み)
  • 100ml 20,350円(税込み)

やはり高級な香水ブランドです。

今や香水はドラッグストアやバラエティショップでは1,000円代で買えるものもあります。

その中でもシャネルのN°5はずば抜けて高額ですね。

ちなみに参考に他の香水ブランドで人気のあるものは、

香水ブランドと商品名容量価格(定価)
クロエ オードパルファム50ml13,090円(税込み)
イブサンローラン モンパリオーデパルファム50ml13,750円(税込み)
カルティエ ラパンテールオードトワレ50ml9,570円(税込み)
イウ゛サンローラン
¥9,388 (2021/10/25 04:21:36時点 Amazon調べ-詳細)

1万円を超えるものも多い中、さらに高額なシャネルのN°5。

どれだけ希少価値が高いかよくわかります。

まとめ

希少価値の高い龍涎香について、どんな香りがするのか、買い取り値段や使われている香水ブランドについてまとめました。

グラムあたりの買い取り値段は、発見された龍涎香の状態によって変動があります。

そもそも高額なので変動幅もかなりありましたよね。

使われている香水ブランドの有名どころはシャネルのN°5です。

つまり、香水ブランドの中でも最上級に高価格帯なものに使われていることが判明しました。

現在は捕鯨漁の規制がされたことで簡単には手に入りません。

万が一見つけられたら夢がありますよね!

Sponsored Link

Sponsored Link

-ニュース

© 2021 さらだぼうる Powered by AFFINGER5