有名人

【衝撃】池口恵観と北朝鮮|血縁や朝鮮総連ビル落札などから深堀り

2021-05-13

池口恵観 朝鮮総連ビル 落札

Sponsored Link

鹿児島県にある最福寺の僧侶・池口恵観が話題ですね。

このご時世にもかかわらず、2021年6月に政界の重鎮たちによる池口恵観の出世祝いが盛大に開催されると報道がありました。

池口恵観とは一体どれほどの重要人物なのか?

気になったので深堀りしていくと、なんとあの北朝鮮と血縁関係がある可能性が浮上してきました。

加えて、北朝鮮に対する強い思い入れを感じる取り組みをいくつも行っていた過去も判明。

最もインパクトのあることは、2013年にビッグニュースとなった朝鮮総連本部ビルを競売で落札したことです。

今回は、

池口恵観が北朝鮮と血縁があるのか?

という疑問にフォーカスした内容をお届けします。

朝鮮総連本部ビルの落札などの北朝鮮に対して過去に行ってきた取り組みや、血縁関係を事実ベースでまとめましたので是非最後までご覧ください。

※当記事は、個人を誹謗中傷するためのものではございません。記事の内容に何か不都合があれば、トップページからお問い合わせフォームへ飛べるのでご連絡ください。

池口恵観と北朝鮮の血縁関係を深堀り

結論から申すと、池口恵観と北朝鮮と血縁があるという事実は公表はされていません。

しかしながら、池口恵観が過去に行った北朝鮮に対する度重なる派手な取り組みは、それをみた一般市民から

池口恵観は北朝鮮と血縁関係があるのでは?

と挙がるほどなんです。

実際にリサーチしているうちに、北朝鮮とゆかりのある某大物政治家との関係性も浮き彫りになってきました。

いろいろな事実を踏まえた上で、本当に池口恵観と北朝鮮と血縁関係があるのか?

あれこれ想像しながらちょっと一緒に考えてみてください。

池口恵観の生い立ちと政界の某大物との血縁関係

まずは池口恵観と北朝鮮の血縁関係を探るために重要な生い立ちの情報と、某政界の大物の生い立ちについて触れていきます。

池口恵観の本名(出生時の名前)は、鮫島正純で生まれは鹿児島県肝属郡串良町です。

この鮫島という名前が、池口恵観がこだわっている朝鮮とのつながりを突き止めるキーポイントになりますのでよく注意しながら読み進めてください。

小泉純一郎元首相は誰もがご存知ですね。

この小泉元首相の父親の旧姓は鮫島純也です。(のちに小泉家の婿養子となる)

アボちゃん
鮫島正純と鮫島純也、名前似すぎでないか??

小泉元首相の父親 鮫島純也の経歴に、

  • 在日の帰還事業(地上の楽園計画)
  • 朝鮮銀行でお茶汲みとして従事した経験

があるので、この方も朝鮮に何かと縁があるようです。

鮫島純也の出身地域は、鹿児島県の川辺郡東加世田村小松原という地区で(現南さつま市)朝鮮部落だった可能性があります。

となれば朝鮮銀行で働いた経験も納得。

名前がほぼ同じで出身地が同じなら血縁関係を疑わざるを得ません。

そしてそして、小泉純也には兄弟が男2人、女が6人います。もし、この兄弟の子供が池口恵観の父親だったとすると

小泉純一郎元首相と池口恵観は従兄弟同志の可能性が大きいです!!!

年齢的にも、小泉元首相は79歳、池口恵観は84歳(2021年現在)なのでおかしくないですよね。

と、いうわけで池口恵観の本名が鮫島正純であるという事実から、小泉元首相と血縁関係がある可能性はどうしても疑わざるを得ないということがわかりました。

ちなみに6月に行われる池口恵観の出世祝いパーティーの招待状の発起人の第一番目に、小泉純一郎元首相の名前が堂々と記載されています。

池口恵観 祝賀会 招待状

小泉純一郎首相は就任早々に北朝鮮を訪問し、初の日朝首脳会談を実現してからの日朝平壌宣言に調印した実績がありますよね。

これってどういうことなんでしょうね。

ますます血縁関係があること、ないしは小泉元首相と池口恵観が北朝鮮を介して限りなく近しい関係であることが想像に難くないです。

池口恵観の朝鮮総連本部ビル落札など関係性を深掘り

ここからは、池口恵観と北朝鮮の関係を探る重要な4つのエピソードともに紹介します。

まずは最もインパクトのあった出来事、池口恵観が朝鮮総連本部ビルを落札した一件から順番に見ていきます。

北朝鮮との関係1:朝鮮総連本部ビルの競売落札

2013年3月26日こんなニュースが報じられました。

東京都千代田区にある在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部の土地・建物を巡る競売で、落札者を決める開札が26日、東京地裁で行われた。

宗教法人最福寺(鹿児島市)が45億1900万円で落札した。

最福寺の法主は頻繁に平壌を訪問するなど北朝鮮側と関係が深いことで知られる。東京地裁は最福寺が施設を買い受ける資格があるか審査し、29日に売却を許可するか決定する。

引用:毎日jp

この最福寺の法主こそ、池口恵観のことですが45億円って・・・!相当な資金力がないと落札に挙手できませんよね。

一体どれだけスゴいビルなんでしょう?

建物外観はこんな感じ。グーグルマップの画像です。

朝鮮総連本部ビル外観

入り口は簡単には入れないようしっかりとした門構えと警備員が立っています。

朝鮮総連本部ビルの正面玄関
入り口門の横に掲げられているハングル文字。

一般人では近付き難い雰囲気ですね・・・!

翌日の27日には、

北朝鮮政府高官から朝鮮総連中央本部の維持に協力するよう依頼されたことを明らかにした上で、建物を総連に貸与したいとの意向を示した

引用:日本経済新聞

むむ・・・

しかし実際、翌年2013年5月10日の会見で購入ができなかったことが池口恵観本人の口から語られています。

朝鮮総連を購入するための資金調達の時点で困難なことがあったようですね。

この動画を見る限り、池口恵観は純粋に北朝鮮と日本の関係を良好にしたい思いがあって落札をしたことが伺えます。

この一件で今後の日朝関係がどうなっていくか予想すると、まさに断腸の思いだったことでしょう・・・

アボちゃん
それにしても北朝鮮側から朝鮮総連ビルを守るように頼まれるって、相当信頼されているってことですね。

どうしてそこまで信頼されているのでしょう?

それには、以前から積極的に池口恵観が北朝鮮と交流してきた事実があるからです。

それは次の北朝鮮との関係2以降で時系列に見ていきますので、もう少しお付き合いください!

北朝鮮との関係2:よど号ハイジャック事件容疑者との対談

池口恵観は1970年日本のよど号を乗っ取り北朝鮮に亡命した容疑者2名と対談しています。

池口恵観がよど号事件の容疑者と対談した際の写真
右端の方、顔が赤く見えるけどお酒入ってます??w

2009年9月6日−11日訪朝した際の写真です。

かなりリラックスした様子で打ち解けて話をしているように見えますね。

歴史的な犠牲について素直に謝罪したかったと池口恵観本人が述べているので、当時の話題中心に対談したことが伺えます。

北朝鮮との関係3:金日成主席観世音菩薩像の寄贈

生誕100年祭に出席するちょうど一年前の2011年4月、池口恵観は金日成主席の観世音菩薩を寄贈しています。

 

北朝鮮との関係4:金日成出席の生誕祭に出席&親善勲章第1級受賞

池口恵観は、2012年4月15日に開催された金日成生誕100年祭りに出席しています。

※金日成は、北朝鮮の初代指導者(1912年4月15日ー1994年7月8日)

【平壌共同】

朝鮮中央通信は16日、金日成主席の生誕100年を祝う行事に出席するため北朝鮮を訪問した「朝鮮女性と連帯する日本婦人連絡会」代表の清水澄子元参院議員と、鹿児島市の最福寺の池口恵観法主に「親善勲章第1級」が授与されたと報じた。同日、平壌の万寿台議事堂で授与式が行われ、最高人民会議の楊亨燮常任副委員長らが出席したとしている。

引用:四国ニュース

ちなみにこの、親善勲章第1級は日本の元参議院議員のアントニオ猪木さんにも授与されています。(2010年9月)

日本と北朝鮮は国交がありませんが、これより以前も後にも池口恵観は積極的に北朝鮮と関わってきています。

そもそも池口恵観は、根底に以下のような考え方を持っています。

日本が歴史的に韓国と北朝鮮に対して大きな犠牲を抱かせ、韓半島の多くの国民が日本に恨みを持って亡くなったことに対し、素直に謝罪し慰霊したかった

できれば韓国と北朝鮮を毎年定期的に訪問して慰霊祭と平和祈願祭を開こうと思う。

引用:中央日報

このような発言・行動が影響力を持つ理由としては、池口恵観が100万枚の護摩行を達成したただ1人の人物であることと、「伝灯大阿闍梨(でんとうだいあじゃり)」の僧位を持つ高僧であるためと言えるでしょう。

池口恵観の過去の実績を詳しく解説している池口恵観の過去の実績がヤバい!政界&北朝鮮との深い親交も併せてお読みいただくとより理解が深まります。

まとめ

池口恵観が北朝鮮とどれほど関係が深いことがお分かりいただけたかと思います。

北朝鮮とゆかりのある小泉純一郎元首相と深い関係があり、数々の北朝鮮との親交を深める実績を上げてきました。

ここまで北朝鮮にこだわる理由は、単純な友好関係を結びたいという思いと、自分のルーツが大きく関わっているからかもしれませんね。

そんな池口恵観の息子の情報と、小泉元首相との関係をより深くリサーチした記事は【謎大き僧侶】池口恵観の家族に息子はいる?元首相と遠縁の可能性で読むことができます。

是非興味を持たれた方はご覧ください。

Sponsored Link

Sponsored Link

-有名人
-

© 2021 さらだぼうる Powered by AFFINGER5